スピーチコンテスト予選 校長通信 

 24日(月)の放課後、今秋開催される「船橋市スピーチコンテスト」と「日本大学付属高校スピーチコンテスト」の出場者を決定する、校内でのスピーチコンテストを実施しました。
 コンテストには、一年生6人、二年生6人の、12人の生徒たちが挑戦してくれました。審査は、ジョナサン先生と英語科の5人の先生方(清先生、塚本先生、長澤先生、茅場先生、荒木先生)が行い、全体の進行を小原先生が担当してくれました。
 テキストは、「How Rich Are We!」という、三段からなる英語の文章でした。それほど難しい文章ではないのかなと思いましたが、二段目から会話体で話が進んでいくので、そこをどう表現するのかなと思いながら聞いていました。生徒たちはよく練習していて、私にはほとんどその差がわかりませんでした。
 審査は、「英語の発音」「韻律、リズム、イントネーション、語と語とのつながり」「内容を理解しての表現」「音量、スピード、立ち居振る舞い」の四項目で行われました。
 結果は、船橋市スピーチコンテストには、Recitation部門に星花絵さん(一年)武田さくらさん(二年)、Reading部門には福居有奈さん(一年)、Speech部門には大澤元藝くん(一年)が選ばれました。日本大学付属高校スピーチコンテストには、宮嶋あさ香さん(二年)が選ばれました。
 出場した皆さん、本当によく頑張りました。皆さんの取り組みに拍手を送ります。
 司会を担当したり、会場整理をして、この会をサポートしてくれた英語部の皆さんにもお礼を言います。ありがとうございました。
 CIMG4416 CIMG4417 CIMG4418 CIMG4420  CIMG4422 CIMG4423 CIMG4425CIMG4427
司会などは英語部の生徒が担当してくれました。
CIMG4415CIMG4426  
審査する先生方から鋭い視線が飛びます。
CIMG4428CIMG4421

保護者会  校長通信

 22日(土)保護者会を行いました。
 一校時の授業参観。各クラスともドアを開けて保護者の方々が入りやすいようにしていますが、新校舎は教室の前方が出入り口なので途中からは入りにくいのが難点です。例年、入学したばかりの中一と高一の保護者が多いのですが、今年は他学年の保護者の方も結構いらっしゃっていました。
 9時20分からは「父母の会総会」。多目的ホールがほぼ満席になる出席者で、30年度の事業報告と決算報告、新役員、令和元年度の事業計画と予算案が承認されました。昨年度ご息女が卒業された渡邉宏会長から、中井清彦会長にバトンタッチ。一年間よろしくお願いします。
 総会後、私から学校の様子をスライドを使ってお話ししました。前半は、来年度から始まる「大学入学共通テスト」に関する教育改革と本校の目指す教育の話、後半は、授業や部活動などの写真と先日行われた「体育祭」の写真を使って生徒たちの生活の様子を話しました。
 昼食後、12時50分から学級ごとの懇談会が開かれました。高校三年生の保護者には、多目的ホールで金子進路主任による「進学システムガイド」が開かれました。
 部活動によってはこの後に保護者会を予定しているところもあります。朝早くからの一日がかりの日程になります。ご苦労様でした。
授業参観の様子
CIMG4410 CIMG4411
父母の会総会の様子
CIMG4414CIMG4412


音楽座ミュージカル 校長通信

 東京に本拠を置いて、和製ミュージカルを制作し続けている劇団「音楽座」の公演が赤坂の草月ホールであり、昨日行ってきました。今回の芝居は「グッバイマイダーリン★」という、寓意にとんだ考えさせられる芝居でした。
 主人公は家ネズミ。家の中だけが生活(世界)の全てで、食べるために生き続けている仲間たちの中で、窓辺に上って外の世界わ見続けている母ネズミです。そこに一羽のキジバトが捕まえられて鳥かごに入れられ窓辺におかれました。母ネズミはキジバトから外の世界の話を聞き、空を飛び外の世界に出ていくことを夢に見ながら、食べることにしか興味のない夫ネズミに「食べるより大事なことってありますか」と歌いかけます。
 家に帰る電車の中でも、「食べるより大事なこと」というセリフが頭の中をこだましていました。食べることは生きるために必要なこと。おいしくご飯を食べられる健康な身体があるからこそ、いろいろなことができるわけです。「生きるため」には食べることが大事だけど、「本当に生きる」ためには食べるだけではダメなんだ、もっと大事なことを見つけ出そうという意欲というか、努力が大事なんだ。
 この後大きな出来事があって、最後に母ネズミは夫ネズミと肩を寄せて、「同じ風」を感じて生きていくことを歌っていました。大空に憧れを見るけれど、「食べるより大事なこと(幸福)」は自分の足元にあるのかな……、と考えながら帰ってきました。
 歌声やダンスの迫力には圧倒されます。舞台装置もダイナミックで、ネズミたちの閉そく感や外界に向けての広がりなどを回転する動きの中で見事に表現していました。草月ホールは、初めて行ったホールでしたが客席と舞台が近くて素敵な空間でした。
(写真が撮れないので今回は字ばかりです)