コウケンテツさんの講演会 校長通信

 父母の会文化教養委員会による講演会として、料理研究家のコウケンテツ氏をお招きして、「キッチンからはじまる家族の絆」と言うタイトルでのお話をお聞きしました。
 最初に「食と健康」についてお話をされ、健康平均寿命の高い山梨、静岡、愛知の各県の共通する要因として、健康への意識の高さと、山梨の無尽や愛知の喫茶店文化など仲間との接点により生きがいが感じられるようになっていることを挙げられました。そして、「しっかり食べてストレスフリー」が大切であるとして、食べることや食事を用意することで、ストレスを感じるような生活が健康に良くないと指摘されました。そこで紹介されたのが「たっぷりトマトプルコギ」で、簡単で代謝を促進する食材が使われた料理と言うことでした。
 続いてご自身の「中高生時代から料理家になるまで」についてのお話をされました。ご両親の教育方針は「ご飯をちゃんと作ってちゃんと食べること」と言う中で育ち、高校生の時にプロテニスプレイヤーを目指す中で、当時のトッププロの食事をまとめた「食べて勝つ」(ロバートハース著)に巡り合って食の関心が高まったというお話を、様々な教育観などとともにお話しくださいました。
 テレビ番組を通じて30か国を周り、家庭料理を見て回ってきた中での感想として、「何を食べるかよりどんな風に食べるかが大事」で「料理に手を抜いても楽しそうに食卓を囲むことが大事」と話されました。そして、食卓では「自己紹介」をすることで、「自分自身のことをよりポジティブに知ることができるようになりますよ」と話を終わられました。
 話題が豊富で楽しくも有意義な90分間でした。

CIMG4795CIMG4794 CIMG4796

今日から一次テスト 校長通信

 二学期一次テストが始まりました(中学生は月曜日から)。
 あいにくの雨ですが、土曜日と言うこともあって津田沼からのバスの遅延はほとんどなく、時間通りに始められました。
 一校時は、1・2年が古典、3年が現代文でした。校舎内を周ると、皆真剣な顔で問題文を読んでいました(当然ですね)。私は、国語は好きな科目でテストの点数も悪くはなかったのですが、当時は国語の勉強をしたという覚えがほとんどありませんでした。小テスト対策で、言葉の意味を調べたり漢字を覚えたり、文法の活用表を覚えたりはしましたが、「テスト前に改めて何を勉強するの?」という感じでした。小さい頃からずっと本を読むことが好きだったことが幸いしたのかなと思っています。
CIMG4789 CIMG4790
 二回の台風の暴風雨で土が流れ込み排水管が詰まってしまって、朝、登校した時に中学棟と高校棟の間に5センチくらい水が溜まってしまっていました。急遽通行止めにして、生徒たちには「濡れないように端を通って」と声を掛けました。その後水は引いてから、用務の皆さんが清掃をしてくださいました。
CIMG4791 CIMG4793

明日から一次テスト  校長通信

 高校生は明日から四日間、中学生は月曜日から三日間、「一次テスト」が行われます。今回は、試験期間中に日曜日と祝日(即位儀礼の日)が入るので、日程としてはやや楽になるのかなと思います。もちろん一夜漬けで対応できるような問題ではありませんから、休日をうまく利用しながらも計画的な学習が必要です。
 台風19号の影響で部活動の大会日程などが延期され、本来は部活動が休みとなる試験前一週間になっても「特別練習」として時間を短縮ししての練習が続いてしまった部があり、両立するのに苦労した生徒もいるのではと心配しています。
 いつも言うことですが、「一夜漬け」での付け焼刃的な学力や、試験範囲に「山を張る」ようなやり方は、「何のために学習するのか」という根本的なところで間違っています。今回の試験で良い点数を取るために学習するのではなく、「真の学力」を身に着けるために学習をするべきです。

 放課後になると、試験前になると自習室は満席状態になり、校内にあるオープンスペースに置かれたテーブルでも学習する生徒の姿が見られます。
CIMG4787 CIMG4788
 職員室でも生徒たちが質問に来ています。
CIMG4786

中学朝礼 校長通信

 中学朝礼を行いました。
 陸上部、野球部、書道部の表彰と、書道の授業作品を「学芸書道全国展」に出品しての表彰、個人で参加しているチアリーディングの表彰を行いました。

 今回の台風の被害の甚大さは、自然の威力を侮ってはいけないという教訓になります。そのうえで、「備えあれば憂いなし」と言われるように、日頃からの準備や心構えが大切であるという話をしました。台風の被害にあわれた地域の皆様の、一日も早い復旧を祈念したいと思います。
 間もなく一次試験が始まります。中学生の学習はどの教科でも一番の基礎となる部分です。家で言えば土台です。コンクリートの型枠の土台を見ていても、そこにどのような家が建つのか判らないし、面白くもないものですが、ここで手を抜いた作業をすると、この後にどんなに立派な家を建てても欠陥住宅となってしまいます。国語や英語で文法事項や漢字とか単語を覚えたり、数学でややこしい計算問題を解いたりグラフを描いたり、社会科で地名や人名を覚えたりする勉強は、単調で面白みに欠けるものですが、ここで手を抜くとしっかりした学問を続けることができなくなります。また、中学・高校で学ぶことで「要らないもの」はありません。今の判断で「文系だから」「理系だから」と科目を切り捨てたり、中には「苦手だから」とやらない生徒がいますが、自分の可能性を自分で閉ざしてしまっています。試験に向かって「憂い」のないようにしっかり「準備」を進めてください。

 二学期になっての中学朝礼は、体育館への集合が早く、しかもすぐに静かになって聞く態度ができていて、とても素晴らしいと思います。
CIMG4785 CIMG4784

台風襲来 校長通信

 超大型の台風19号が、明日の夜から明後日の未明にかけて関東地方に接近し、上陸する可能性も高いようです。台風15号の被害も十分に癒えていない中での襲来には、お困りの方も多いと思います。
 午後になって、校長室の窓から見ていても雨が強く降るようになりました。
 明日は朝から雨風が激しくなっているようです。鉄道の計画運休も予定されており、バスや電車の遅延や運休が想定されます。強風と豪雨の中での登・下校は生徒の安全確保が難しいと判断して、明日は休校としました。
 生徒の皆さんは、不要な外出をすることなく安全確保を心がけるとともに、一次試験の一週間前と言うことを意識して家庭学習に取り組んでください。
 前回の台風15号で、学校は体育館と旧中学校舎の間の桜が二本倒れ、撤去するのに大変でした。今回は、被害が出ないようにと願っています。皆様のご家庭にも大きな被害がないことを祈ります。