オーストラリア語学研修 校長通信 

 今夕、二週間の研修を終えてオーストラリアから22名の生徒たちが帰国します。
 今年から、シドニーからバスで二時間ほど北に向かったニューカッスル(Newcastle)という石炭の積み出しで有名な港町にあるイギリス国教会系の私立学校である「Newcastle Grammar School」にお世話になります。
 担当のSusan先生とAnna先生の二人がご尽力くださり、滞りなく研修を進めることができたと思います。
 毎日の研修の様子は、引率をされている長田先生と宮沢先生がブログに挙げてくれています。
 ここでは、そこでは書いていなかったことをいくつか紹介します。

 今年は、「Possum Magic」というオーストラリアの絵本を教材にして英語の授業が行われました。「Once upon a time ,but not very long ago , deep in the Australian bush lived possums.」と始まります。possumとはオーストラリアの有袋動物のことです。この話には、オーストラリアの動物や食べ物、地名などが出てきて、読み進めていくとオーストラリアのことを理解することにつながっていきます。このお話を基にしたサブノートを用意してくださり、お菓子が出てくるとそれを実際に作ったりしながら英会話の学習を進めていきました。
CIMG4657 CIMG4544
 
 生徒たちは、生徒や先生のお宅にホームステイをします。週末は学校がないのでホストファミリーとじっくり二日間過ごすことになります。金曜日に研修が始まりますから、その翌日からいきなり週末の生活になります。
 引率している私たちは、学校から車で一時間ほどのSwanseaという町にあるレンタルハウスで生活します。毎年お世話になっている現地コーディネーターの杉山氏が、普段はヒルトンホテルのシェフということでおいしい料理をいただくことができます。
 週末の学校がない時には、私たちも、近郊の観光地に行ったり、海岸で釣りをしたりして過ごします。今年は、ワイン作りのためのブドウ畑が果てしなく広がっているハンターバレーというところへ行ってゴルフをやったり(全員初心者)、Susan先生のご案内で競馬に行ったりしました。競馬は、馬の後ろに一人乗りの車をつけて引くレースで、家族連れや友人同士が食事をしたりしながら楽しんでいて、ギャンブルというより社交場という感じのする場所でした。
CIMG4537CIMG4540

旧高校校舎跡地工事の完了 校長通信

 暑い日が続きます。週末には台風が近づいており、そちらの方も心配です。
 夏休みも半分が終わろうとしています。部活や講習で登校する生徒たちや、自然体験学習や各部の合宿などが行われていますが、幸いに大きな事故の報告はありません。

 創立50周年で取り壊した高校校舎の跡地を、人工芝の多目的グランド(今後は第二グランドと呼びます)と駐車場に整備し、併せて本館前のロータリーと正門の工事を進めていました。細かな整備はこれからですが、グランドは7月末に、正門付近は昨日でほぼ工事が完了しました。

第二グランドの様子 (ハンドボールのコート三面)
CIMG4645 CIMG4656
ロータリー(中央にサークルのモニュメントを置きました)
CIMG4651CIMG4654
新し正門(バス通り側の歩道を拡幅しました)
CIMG4652 CIMG4653
旧正門の校名プレートは本館に移しました。
CIMG4649 CIMG4650

暑いっ!  校長通信

 暑い日が続いています。天気予報では、酷暑は先週末までで今週からは幾分やわらぐようなことを言っていましたが、一向にその気配が見えません。
 この暑さの中、部活動や講習などで登校してくる生徒たち。頑張っています!
 学校では、平日、日直を設けて電話や来校者への対応をしていますが、その大切な仕事の一つが気温などの観測です。午前と午後に校内を巡視しますが、その時に部活動を実施している場所で「WBGT(熱中症指標)」の数値を計測します。
 今日の午前中の計測では、運動中止の31を超える場所はありませんでした。体育館は、一階の卓球(27.6)、二階のバドミントン(29.9)とも風を入れないため蒸し風呂のような状態でした。戸外の気温は33度を超えていましたが、時々風が吹くためか、ミストのある第一グランドが29.5、新しくできた第二グランドが29.9でした。一番数値の大きかったのはテニスコートで30.1でした。
 こまめに給水と休憩を取りながら、熱中症にならないように注意して頑張ってもらいたいと思います。
  WBGT計測器
 CIMG4643
旧高校校舎後にできた第二グランド
CIMG4645 CIMG4647
自習室を利用している生徒たち
CIMG4641
吹奏楽部合宿に出発
CIMG4648
 今年の県大会で中学と高校揃って本選大会(8月10日)への出場が決まりました。関東大会を目指しての、気合の入った合宿になるでしよう。頑張れ。

自然体験学習 校長通信  

 8月2日(金)から本日まで、中学三年生希望者による「自然体験学習」が、岩手県一関市大東町で行われています(私は2日と3日に参加して先に帰ってきました)。
CIMG4639
 新幹線で一関に向かい、下車後は研修バスに集落ごとに乗車して約30分で大東町に到着します。
 大東町は北上高地の南端近い山間地域で、水田もありますが、畑作や牛の飼育を中心とした農村地域です。下流で北上川に合流する砂鉄川を中心に、町内のあちこちに清流が流れています。生徒たちは、ここで四日間(三泊)で4人から6人くらいずつに分かれて農家にお世話になります。
 活動予定を見ると、農家によって違いますが、ジャガイモ堀りや野菜の種の植え付けなど畑作業をやったりしますが、川遊びなどで豊かな自然を満喫できるようです。中には、山一つ越えた陸前高田や気仙沼まで被災地の現状を見に行った家もあります。バーベキューや、流しそうめん(竹を切りに行って流すための樋を作ったり、器や箸を作ったりもしています)などの企画もしていただいています。
 写真は、初日に開校式のあと乗馬体験をして、室根山の山頂で今回の参加者48人で撮ったものです。

 この行事が始まって今年で25年目(平成7年から)になります。ここまで続いてきたのは、農家の皆さんのご協力と、取りまとめていただいている市役所大東支所(旧大東町役場)の担当者の方々のご尽力によるものです。震災の年も、「こんな時だからこそ、今まで重ねてきた交流事業を続けていきたい」という熱い言葉をいただきました。
 今年の生徒たちも、たくさんの思い出を作ってくれればと思います。

高3保護者の皆様へ 入試に関する情報について

以下の2点についてお知らせします。
① 付属推薦をはじめ入試に関する諸連絡や情報につきまして、このお知らせメールとHP在校生ブログにてお知らせいたしますのでご確認をお願いします。
② 指定校推薦の依頼が、終業式後、新規で届いてきております。当初、追加分は2学期の発表を予定していましたが、お考えを進めるためにも速やかにお知らせしたほうがよいと考えました。具体的にご確認なさりたい場合は、直接またはお子様を通じて、校内2階の3箇所(物理準備室前、サイエンスプラザ、学年室前)に掲示してございます指定校一覧をご確認ください。
千葉日本大学第一高等学校 進路指導部