コロナ禍で・・・ 校長通信

 コロナ感染が収まらないなか、今年度の学校説明会はすべてオンラインで実施することになりました。今年初の説明会である「第一回中学校説明会」を行いました。
 広報部が用意してくれた「校長挨拶(校訓・教育目標)」「入試要項説明(教頭)」に続いて、中学生徒会による「学校行事のご案内」、そして各教科からの「授業内容や入試の情報」をお届けしました。オンラインについては、オープンスクールなどでも経験済ですが、それでも帝国の2時の直前には「ちゃんと繋がってくれよ」と思わず祈ってしまいました。見ていただくためには登録が必要ですので、webページでご確認ください。
DSC00557DSC00560

 さらに、2時30分から多目的ホールで、「中学三年生の修学旅行について」の保護者説明会を実施しました。修学旅行の目的である「中学三年間の集大成」として「今だからこそ何ができるか」を考えて、コロナ感染抑止のための方法を含め学年とJTBとで企画を進めてきました。
 学校としては十分に抑止対策を取りながら準備を進めているものと考え、本日の説明会実施になりました。125人の保護者の皆様にお集まりいただきました。ありがとうございます。
 校長、教頭(引率学校責任者)に続いて、学年の担当である藤井教諭から細かい説明があり、JTB担当者から保険と「GOTO」についての説明がありました。説明を保護者の方に納得していただき、「同意書」を提出していただいた数を確認して実施を決めていくことになります。
DSC00561DSC00562

地元小学生の体育大会 校長通信

 コロナ禍のため様々な行事が中止になっていますが、船橋市内の小学校で選ばれた選手による陸上競技会も、今年度は中止になってしまったそうです。
 習志野台第二小学校の校長先生から、練習をしてきた選手の皆さんに最後の発表の場を、毎日練習してきた学校のグランド以外の場所でやらせたいということでご相談をいただきました。地元の小学校ということもあり、体育科の先生方にも協力していただいて、半日本校のグランドを利用していただくことになりました。
 あいにく小雨の肌寒い中での開催となってしまいましたが、児童の皆さんと先生方、保護者の皆様が約100名来校され、元気に人工芝の上で競技を行いました。
 私が見学に出た時には、20㌢くらいのロケット型のジャンビーノを投げて飛距離を争う競技をやっていました。思わず「すごい」と声が出るくらいの距離を投げる児童もいましたが、皆、それぞれに楽しそうに取り組んでいるのが印象的でした。

DSC00551 DSC00552 DSC00553 DSC00555

基礎学力二日目 校長通信

 日に日に秋の深まりを感じます。今日も冷たい雨が降っています。
 昨日に引き続き、高校三年生対象の日本大学「基礎学力到達度テスト」の二日目が行われました。今日は「数学」と「理科」または「地歴公民」の選択の二科目となります。
 例年は一日で四科目を実施していますが、今年はコロナウイルスの感染抑止のため昼食をはさまないように二日間に分けての実施となりました。
 今年度4月に予定されていた試験が中止になったため、もし今回も中止になるようなことがあれば、今年の高校三年生の付属推薦がどうなっていくのか心配でした。全国の付属高校26校が、コロナウイルス感染や台風の影響を受けることなく、試験を行うことができたことに安堵しています。
 欠席する生徒も少なく、三年生たちは十分に実力を発揮してくれたと信じます。試験の結果は10月2日(金)に発表され、その得点(標準化点)によって、担任や保護者と相談しながら進学先を決めていくことになります。

 DSC00549 DSC00550
控室をのぞいたら教卓に特大のお守りが・・・。
DSC00548

基礎学力到達度テスト  校長通信

 全国の日本大学付属高の三年生が一斉に受験する「基礎学力到達度テスト」が行われました。この試験は、4月に高一から高三までの全学年で「国語」「数学」「英語」を、9月に高三生を対象として文系に「地歴公民」理系に「理科」を加えた4科目で実施されます。今年度はコロナウイルス感染のために4月の試験が中止になっています。
 この試験の結果は、日本大学への付属推薦入試に影響するため、三年生にとっては希望する学部や学科を目指すためにも、とても大切な試験となります。
 今年は、コロナウイルス感染抑止のため二日間に分けて試験が行われます。今日が「国語」と「英語」、明日が「数学」と「地歴公民」「理科」となります。台風の接近で朝の交通の乱れが心配されましたが、大きな影響もなく試験を始めることができてホッとしました。何のトラブルもなく試験を進めることができました。
 明日も試験が続きます。高校三年生の皆さん、頑張ってください。
黒板には担任の「檄」が書かれていました。
DSC00545
試験中の様子。真剣です(当たり前)。
DSC00546 DSC00547

教育実習  校長通信

 先週の月曜日から教育実習の受け入れをしています。教育実習は、大学で教職課程を履修してきた学生が、実際に学校現場に立って大学で学んできたことを実践して学ぶものです。今回は、本校の卒業生19人が、母校に帰っての実習を行っています。
 先週土曜日に、校内を周っていて中学校舎で一年生の「歴史」と二年生の「地理」の実習をしているところに出会い、ちょっと教室をのぞかせてもらいました。歴史はプロジェクターを映しながら大化の改新の場面を説明し、地理はモニターでミカンの皮の正しいむき方を映し出しながら、和歌山県の農業について話を進めていました。どちらも、生徒たちの関心や興味をひきつけながら説明をしていて感心しました。このような機器を使いこなしていくことも、これからの先生には必要になるのですね。残り二週間、頑張ってください。

DSC00542 DSC00544