2/17(水)~26(金)蔵書点検のため閉館

 既に図書館だよりパピルス第85号、開館カレンダー、デジタルサイネージ、ポスター等でお知らせ済みですが、2/17(水)より蔵書点検のため閉館します。期間中は、図書館内に入ることはできません。協力をお願いします。蔵書点検とは・・・・・・

 本があるべき場所にあるか、行方不明になっている本はないか、1年に1度すべての蔵書を1冊1冊点検する、図書館にとって欠かせない大切な仕事です。点検中は、貸出・返却をストップし、閉館することで本の動きを止めます。

 蔵書数に比して、司書一人では短期間で作業することは難しいため、毎年、父母の会図書委員の皆様のお力を借りています。緊急事態宣言が延長されている中ですが、今年もご協力いただけることになり、誠に感謝しています。ご無理の無い範囲でよろしくお願いいたします。

 蔵書点検は、学校によって時期などまちまちですが、本校は年度末に実施という形を踏襲しています。通常の貸出を終了し、すべての本を返却してもらい、点検に入るという形です。年度末ということで、延滞しがちな人にもきちんとけじめをつけてもらおうということです。

 蔵書点検後の図書館は、本があるべき場所にきれいに並び、行方不明の本が洗い出されて探索にまわり、すっきりと使いやすく生まれ変わります。閉館するのは、司書としてはつらい気持ちですが、図書館を整え、また皆さんが利用してくれる日を楽しみにがんばります。3/1(月)より始まる春休み貸出に、大勢の皆さんが来てくれるよう待っています。