今年もビブリオバトル 校長通信

 図書館活用授業として「ビブリオバトル(知的書評合戦)」を、今年度の中学一年生にも行うということで、最初の授業を参観させてもらいました。
 一校時は、一年A組。図書館司書の島津先生から「ビブリオバトル」についての説明を受けていました。皆、真剣な顔で聞いています。
 ビブリオバトルは、自分が紹介したい本を一冊決めて、その本について一人5分間の紹介をします。ネットなどに頼らず、自分でしっかり読んで紹介をするということが大切です。全員の発表の後、投票で「チャンプ本」を決めます。紹介者(バトラー)も聞く人たち(リスナー)も真剣にやらなければなりません。まさに、「本を通して人を知る。人を通して本を知る」ということだなと思います。
 昨年度、一年生の発表の様子を見せてもらいました。紹介される本が、ほとんどが私の知らない本だということに愕然としました。今年はどんな本が出てくるのでしょう。楽しみです。

DSC00514DSC00513  DSC00520