終業式    校長通信

 8日(土)一学期終業式を行いました。コロナ感染拡大の中ということで、クラスごとに校内放送を使っての実施となりました。司会は高校生徒会の網野さんが担当してくれました。
 校歌斉唱(心の中で)に続いて私の話。
 4月と5月はコロナウイルス感染症による休校となり、6月に学校が再開しても分散登校や短縮日程が続き、行事も縮小や延期・中止となった一学期でした。最初は「学校が休みでラッキー」と考えた人もいるかもしれませんが、長引くにつれて「不安」「迷い」「焦燥感」を感じるようになり、人によっては「やり場のない怒り」を感じたりしたのではないかと思います。「考えたこと」は無駄になることではなく、必ず今後の学校生活や社会生活の中で活きていくことだと思います。
 今年の夏休みは15日間、例年の1/3しかありません。日数は短いけど密度は3倍となるように、目的をもって計画的に過ごしましょう。二学期始業式に元気に登校できるよう、健康と安全に気をつけてください。
DSC00483