今年もビブリオバトル 校長通信

 図書館活用授業として「ビブリオバトル(知的書評合戦)」を、今年度の中学一年生にも行うということで、最初の授業を参観させてもらいました。
 一校時は、一年A組。図書館司書の島津先生から「ビブリオバトル」についての説明を受けていました。皆、真剣な顔で聞いています。
 ビブリオバトルは、自分が紹介したい本を一冊決めて、その本について一人5分間の紹介をします。ネットなどに頼らず、自分でしっかり読んで紹介をするということが大切です。全員の発表の後、投票で「チャンプ本」を決めます。紹介者(バトラー)も聞く人たち(リスナー)も真剣にやらなければなりません。まさに、「本を通して人を知る。人を通して本を知る」ということだなと思います。
 昨年度、一年生の発表の様子を見せてもらいました。紹介される本が、ほとんどが私の知らない本だということに愕然としました。今年はどんな本が出てくるのでしょう。楽しみです。

DSC00514DSC00513  DSC00520

携帯扇風機? 校長通信

 朝夕は涼しくなってきましたが、日中、陽が差してくるとまだまだ暑い日が続いています。
 数年前から生徒たちが手にしているのが「携帯扇風機」でした。登校風景を見ていても、顔に風を当てている女子生徒が増えてきているように思います。中には日傘をさしている生徒がいたりして驚きます。
 今日、生活指導部から、「特に校則に決められたものはありませんが、HRや授業中の使用は前で話をしている人に失礼であるから、マナーを守って授業中などはカバンにしまうように」という注意がありました。実は、私も一つ頂いたものを持っていますが、けっこう音がするので携行はしないで校長室で時々使っています。
 私が携帯しているのは「扇子(せんす)」です。これはポケットやカバンに入れて持ち運びにも便利で、音もしないし、風量も自在に調節可(強くあおぐか、弱くあおぐか)で便利です。
携帯扇風機を持って登校
DSC00506
現在愛用している扇子 と 携帯扇風機
 DSC00512DSC00392

授業開始 校長通信

 今日から二学期の授業が始まります。
 高校三年生は、ちょうど一か月後に日本大学への付属推薦入学に向けての「基礎学力到達度テスト」が実施されます。4月の「さあ、スタートだ」というところで休校になり、学校再開後も短縮日程などでシラバス通りに授業が進まず、勝負の夏休みも期間短縮となり、不安を感じている人も多いのではないかと思います。直前までの一か月、自分の可能性を信じて、最後まであきらめないで取り組んでもらいたいと思います。
 三校時、高校棟二階の高校三年生の教室を回ってみました。午前中のちょっとだれてしまう時間帯でしたが、どの教室からも、ノートをとる生徒、黒板を見つめる生徒、教科書を読む生徒、先生の話に笑顔の生徒などなど、生徒たちの真剣な顔を見ることができて安心しました。

DSC00501 DSC00502 DSC00503 DSC00504 DSC00505

第7回高校生直木賞、受賞作決定!

 短い夏休みでしたが、どのように過ごしましたか? 夏休み貸出の本は読めたでしょうか? もし読み終わっていなくても、返却期限(8月26日)までに返してください。続けて読みたい場合は、もう一度貸出の手続きをしてくださいね。 さて、2学期最初の話題は、昨日決定した高校生直木賞についてです。 今回の受賞作は・・・・・・