試験最終日  校長通信

 今日で一学期二次テストが終わります。日本全体で新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していく中、試験の全日程を完了することができてホッとしています。
 先生方はこれから採点が始まり、一学期の評価をして「通知表」の作成になります。同時に夏休みに向けての部活動の指導も始まり、学期末はいつもとても忙しい日々が続きます。
 生徒の皆さんは、日頃の学習成果をしっかり発揮することができたでしょうか。今年は、一次テスト(中間テスト)が休校のため中止となり、一学期の評価がこのテストにかかっていることになります。「一夜漬け」や「山掛け」での勉強では、真の学力をつけることはできません。毎日コツコツと地道な学習を積み重ねていくことが「必勝法」です。まさに「学問に王道なし」ですね。
 それと、せっかく試験に向けて勉強し、50分間頭をフルに働かせて問題を考えたのですから、テストが返されてきた時こそ学力を定着させるチャンスです。ただ点数が良かったとか悪かったとかではなく、何を間違えたのか、どうして間違えたのか、正解にはどうやったらたどり着けるのかを復習することで、「次に同じ問題が出たら間違えない」ようにしていくことが大切です。

 今日は朝のうちは小雨がぱらつきましたが、昼からは最高の空模様となり、試験が終わった後の部活動に頑張る生徒たちの姿が見られました。梅雨明けも近いと思われます。今年は短い夏ですが熱中症に注意して頑張りましょう。
DSC00470 DSC00472 DSC00473 DSC00474


試験三日目  校長通信

 二次試験も三日目になりました。今日から後半戦です。
 今日は、一校時の試験中に突然「緊急地震警報」が出て驚きました。幸い全く揺れを感じることがなく、試験にも影響は出ませんでした。
 今、時差通学を続けていて、生徒たちは9時10分までに登校することになっています。多くの生徒たちが8時半から9時の間に登校してくる中、7時頃には登校して自習室や教室で勉強している生徒がいます。試験前でなくても数人いるのですが、試験前になるとその人数が増えてきます。私は7時頃に出勤するのですが、今日も自習室の前で部屋が開くのを待っている生徒たちがいました。その後、校舎内を周ってみると、各教室に1人から2人、熱心に勉強に取り組んでいる生徒がいます。
 高校三年生の一校時は「現代文」。問題に取り組む顔からは、9月の「基礎学力到達度テスト」を目前にした真剣さが伝わってきます。

DSC00468 DSC00469

おすすめ!『老人と海』新訳!

 ノーベル文学賞を受賞した『老人と海』は、1952年、ヘミングウェイの生前最後に出版された名著です。新潮文庫では、1966年に福田恆存訳で刊行されました。(本校図書館にもあります)それ以来54年ぶりに、高見浩訳で新訳が出ました。早速入荷しました。新訳は・・・・・・

試験二日目  校長通信

 梅雨が明けないまま7月が終わろうとしています。今日もはっきりしない空模様です。世の中がコロナウイルス感染拡大で沈滞していることもあってか、カラッとしない日々が続いています。
 今日は二次テストの二日目。高校一年生は、「世界史」と「コミニケーション英語」(各50分)の後に「保健」と「情報」(各30分)があり、今日の試験は4科目になります。
 中学一年生には初めての定期テストになります。受験を経験しているからか、戸惑いはそれほどないようで、試験中に教室を回ると真剣に試験問題に取り組んでいる様子が見られます。
 これで試験日程の半分が終わりました。あと二日です。
【二校時の社会の試験に取り組む中一生】
DSC00466 DSC00467