中学生徒総会     校長通信

 一校時に体育館で中学生徒総会が行われました。
 司会の大島君が開会を宣言して始まりました。
 議題は「平成29年度決算案」と「平成30年度予算案」の審議と承認です。生徒会長の網野さんから説明があり、両案とも全員の拍手で承認されました。16日の高校生徒総会の承認と合わせて、これで正式に成立したことになります。
 その後、各委員会委員長から今年度の活動についての説明がありました。多くの委員会で、「清掃活動への取り組み」「挨拶の励行」「規則を守る」などの学校生活で先頭に立っていこうという方針が報告されました。ぜひ、実践していってもらいたいと思います。
 閉会後、加賀谷先生からお話がありました。「生徒総会はみんなが考えている以上にとても大切な場所である」ということ、「予算も決算も2000万円を超えるお金の審議であり、その有効な使い方にこれでいいのかと考えてもらいたい」という助言でした。その場で一分間「予算案を見ておかしいと思うところはないか」を周囲と相談してもらいました。これから皆さんが社会に出ていく中で大切な視点を指摘してもらったと思います。

予算案を説明する網野会長
CIMG2968 CIMG2966

部活動がんばれ    校長通信

 日本大学アメリカンフットボール部「フェニックス」の試合で起こったルール違反の危険なタックルを端緒とした、辞任した元監督をはじめとする大学の対応について、本校の保護者、卒業生、受験生の保護者の皆様から、直接、間接にご意見やご批判を頂いております。何より、将来の進学先として考えている在校生諸君は様々な思いでマスコミの報道を見ているのではないかと思います。
 本校の「部活動」は、校訓の「」の実践の場の一つとして、教育目標に「学校行事、部活動、生徒会活動などによる学校生活の活性化をはかる」と位置付けています。今年度、「部活動の意義」として「目標・目的を共有する生徒たちが、自らの意思で参加し計画を立てて協働して活動することで、目標・目的の達成を感じ取る教育の場であり、その中で友情を育み、学校生活を活性化していく場である」ことを全教職員で確認しました。
 スポーツである以上「勝利」を目標にすることは当然です。しかし、「勝利」のために何でも許されるということはありません。学習との両立はもちろん、社会生活(学校生活や家庭生活)との両立が求められます。
 本校の部活動の中の一つとして「アメリカンフットボール部」があります。今春の「千葉・茨城・埼玉大会」に優勝し、「関東大会」への出場が決まりました。6月3日(日)に最初の試合があります。厳しい練習で培った力を十分に発揮することを期待します。頑張ってください。

Philippinesに出張   校長通信

 一次テストが始まりました。みんな一生懸命に試験に取り組んでいます。
 そんな中、日曜日から昨日まで、二泊三日でPhilippinesに出張していました。目的は、今年度三月(31年3月)から実施予定の「中学三年生英語海外研修」の打ち合わせ及び視察として、羽鳥教頭、英語科の長澤先生と、「Global Standard English Language School」に行ってきました。
 学校は首都Manilaから車で2時間半移動したClarkという町にあります。三階建てで一階が教室、二階が女子寮、三階が男子寮になっています。初日に英語力のテストがあり、能力に合わせて一対一でみっちり英会話の授業があります。また、同じレベルの生徒たちと5~6人での討議を進めるグルーブレッスンもあります。一階は「母国語の使用禁止」で、一週間しっかり英語漬けの生活になる予定です。英語力、英語へのモチベーションが上がりますよ、きっと。
 施設内にはきれいなプールもあり泳げます。ゴルフ練習場、バスケゴール、卓球台、マシーンジム機などもあり、授業以外で楽しむことができます。食事は三食校内の食堂でバイキング方式で選んで食べます。食堂以外にカフェもありました。売店ではお菓子やカップ麺も売っていました。
学校全景 正門入ったところ     ブッシュハウスとプール
CIMG2877CIMG2881
食堂  夕食は「揚げ春巻」「鶏肉炒め」「目玉焼き」「チャーハン」「わかめスープ」でした。
CIMG2883 CIMG2885
授業の様子   長澤先生が試しに授業を受けてみました。
CIMG2899CIMG2900

絵画をいただきました  校長通信

 今春(平成29年度)卒業した皆さんから卒業記念品として絵画をいただきました。
 新校舎に彩をつけたいと思って絵画をお願いしましたが、作品を選ぶのに苦労しました。卒業生の保護者からカタログを用意していただき、先生方と相談しながら新校舎にふさわしい作品をと考えて、ルノワールの「春の花束(ブーケ)を選びました。
 ルノワールは、フランス印象派の画家として有名です。誰でも名前を聞いたことがあるのではないかと思います。人物(少女)の絵や花の絵をたくさん描いています。美術の教科書にも必ず載っているし、「ルノアール展」とか「印象派展」がいろいろな美術館で盛んに開かれています。
 高校棟一階のエントランスに飾りました。広い空間に負けない、圧倒的な花の勢いが感じられます。色どりも見事です。通りかかったらちょっと足を止めてみてください。
 私自身には残念ながら絵を描く才能は全くありませんが、絵を見ている時の「何も考えない時間が過ぎていく」ような感覚が好きで、時間があると美術館などに出かけて鑑賞しています。

CIMG2875CIMG2874

美術の授業で     校長通信

 中学一年生が美術の授業で校内のあちこちを写生しています。新井先生のご指導のもと一生懸命に描いている姿を目にします。
 新校舎は、直線が交差するダイナミックで造形なので、描きやすいかもしれませんね。
 植栽は描きにくいようですが、いろいろと工夫をしながら描いていました。
 「学校再発見!」になるかな。
CIMG2870CIMG2867CIMG2862   CIMG2869 CIMG2863