化学部より

私たち高校1年 α班は「ひじきからアルミニウムを取り出す実験」をやりました。

1.干しひじきを灰になるまで焼く。

2.灰1gに対し、水20mLを加え、沸騰させる。(写真1)

ひじき灰

      写真1

3.これをろ過する。

4.残留物に1mol/L塩酸を加え、ろ過する。

5.4.のろ液にフェノールフタレインを2~3滴加え、色が赤くなるまで1mol/L水酸化ナトリウムを加える。

  (アルミニウムイオンは過剰の水酸化ナトリウムで溶けてしまっている。)

6.これをろ過し、ろ液に塩酸を加えていくと、ちょうど赤色が消えるところで、水酸化アルミニウムの

  白いゼリー状の沈殿が見られます。(写真2)

ひじきのAl

     写真2