男女ともに久々の公式戦勝利!-新人戦ー

船橋市の秋季大会(新人戦)が21日から始まりました。まずは予選リーグです。3チーム中2チームが準決勝トーナメントに進みます。

21日の男子はまず高根台中との対戦。バスケット経験者が少ないという高根台中に対して、序盤は硬さも見られたものの徐々に自分たちの力を発揮し、ベンチ入り選手全員が出場して大差で勝利することができました。

22日の女子は初戦で湊中と対戦。実力差はほとんどない感じでお互いにミスの多い試合になってしまいましたが、ややミスの少なかった本校が終始リードする展開でした。しかし、第4ピリオドに一時は逆転されてしまいました。それでもあわてずにシュートを決め再逆転。残り時間が1分を切っても3点差という大接戦でしたが、なんとか逃げ切り最後にはブザービター(終了の合図と同時にシュートが決まるプレイ)も決めて5点差での勝利となりました。

練習試合や私学大会、U14(U13)などでは勝つこともありましたが、そのほとんどはハーフ(8分ー2分ー8分)の試合でした。船橋市の公式戦でフルの試合で勝ったのは実に4年ぶりのことです。

ただ、男女とももう1チームとの対戦があり、男子は旭中、女子は宮本中にどちらも100点ゲームで敗れてしまいました。それでもリーグの中で2位になり28日の準決勝トーナメント(船橋アリーナ)に進むことになりました。

今回も多数のご声援をいただきありがとうございました。28日も強豪との対戦になりますが、引き続き応援をよろしくお願いいたします。