PPRディビジョン2 高校女子テニス

1月13日に、麗澤高校にてPPRディビジョン2(合同練習試合)が行われました。この大会は、千葉県公立高校テニス大会のベスト8(5~8位)4校と千葉県私立高校テニス大会のベスト8(5~8位)4校の計8校が参加し、リーグ戦を行った後、順位決定戦まで行います。本校は私学大会で7位タイでしたので参加しました。

結果は以下の通りです。

新人戦 八千代松蔭戦

1月11日、新人戦トーナメントの初戦が行われ、天台のグラウンドで八千代松陰高校と試合を行いました。

八千代松陰高校は去年の秋大会で惜しくも敗れた相手なので、選手達の緊張が感じられました。
そして今回、リベンジに向けて二つの目標がありました。一つ目はアップから気持ちを入れて、ファーストプレイを大事にすること。2つ目はノーペナルティでいくことです。この目標を達成するために選手たちは気合を入れて臨みました。

まずユニットを確認しました。その後軽く合わせをして、本格的に練習を始めました。
初めに4列パスをして、ジャッキアップを確認しました。そして最後に一対一タックルをして練習を終えました。
アップから気持ちを入れるということでしたが、普段より大きな声でコールが飛び交い、雰囲気がとても明るく、その点がとても良かったと思います。

試合が始まり、開始5分後に相手にトライをとられてしまいます。そこから流れを掴まれたかのように相手に5トライ3ゴールを決められてしまいます。最初の15分は良かったのですが、相手にトライを決められて、選手たちの気持ちがダウンしてしまい、前半が終了しました。
ハーフタイムになり、選手たちから焦りが感じられる中、先生方からペナルティを少なくすることと、前半の15分みたいに気持ちを下げず、継続させたプレーをすれば絶対に勝てる!というお言葉を頂き、選手たちの気持ちが切り替わり、後半に向かいました。
後半では、選手たちが声を出しあい、諦めないプレーを見せてくれましたが、ペナルティが多く、4トライ3ゴールを決められ試合が終了しました。
結果は、57対0で八千代松陰高校の圧勝でした。
このような結果でしたが、アップや雰囲気はすごくよかったのでそこは継続していきましょう。ノックオンも少なかったです。

この結果を受けて、意識が変わった人が沢山いると思います。良くなかったところはビデオをみるなど、修正して、ケアをしっかりして、次の大会に向けてお互い高めあっていきましょう!

応援に来てくださった保護者の方々、応援、そして差し入れ本当にありがとうございました!今回の反省を活かし、日々練習に取り組んでいきます。引き続き応援よろしくお願いします!

B6A26E90-DB87-4429-9A98-496FC20F0373 D39FAAB6-784D-4665-A02E-7423B69C036E 00AFEE64-6F71-4AC6-BE59-EF1BC55E1960 927F2C19-F4F5-48A4-ADA0-AB4C446DA44D